*greensleaves*のエッセンス日記


 (グリーンスリーブス)   スピリチュアルなこと、家族とのことを、心で感じたままに綴ってます。家族でBUMP好き♪
by greensleaves
プロフィールを見る
画像一覧

2007年 11月 10日 ( 1 )

家族の役割

娘の引越し作業はまだ続いてます。

ガスがまだひけてないので、実際お風呂に入れなく、一人暮らしにはあと数日かかる様ですが・・・


ここのところ長男の不登校が続いていて、3週間前に「絶対に行く!!!」と宣言したにもかかわらず、実際に学校の前まで行って入れなかった経緯があります。。。

以前にもこういうことがあって、その時は先生が気づいて連れて行ってくれて、それから何ヶ月は登校できたのですが・・・またまた同じ様な自体でワタシとしてはホトホト疲れ果てています。

それで、夕食後、息子とは口論になったのですが、結局のところ、

「学校には行きたくない」

というのが本音のようで、どうするのかワタシが決めろ、なんてことを言う。

長男は中学時代からパソコンが好きで、それなら専門がある工業高校に進路を変更して、一応夢のある高校生活を送ろうと自分では頑張ってきたつもりでしたが、

部活の情報通信部では先輩達の全くやる気の無さに二度と行かなくなり、資格を取ろうと思っていたら先生の説明で「資格は単に資格攻略本を全て丸暗記しろ」という説明と、先生の授業のやる気のなさにがっくりしたようなことを言っていました。

そして去年の10月から不登校になり、こちらから連絡取るまで担任からはほとんど連絡もなく、単位もまだ大丈夫と言われてたのに、急にあと2週間で留年という宣告を受け、これ以上普通の学校自体にも魅力が感じられなくて、大検をとることも考えましたが、高校資格は取りたいということで通信高校なら転学できてそのサポート高校が近くにでき、見に行ったら本人も「ああいう先生なら」ということで、私立並みにお金がかかることも承知で今年2月から転学した経緯があります。

サポート校には、毎日は嫌だとのことで、慣れるまで週二日午前のみ、ということで行ってたのですが、5月の連休を境にまた行けなくなり、6月からは午後に変更もして、7月に1週間屋久島の高校での体験もしてきました。

でも夏休みからまったく行っていません。

多分、いろんな人に言わせると、「遊んでいる」「さぼっている」「ゲーム好き」「ウツ病」と、いろんな言葉が返っていると思いますが、

実際のところ、学校に行けないのです。「ゲームをするのは暇つぶしだ」と言うのです。

前日になると決まって夜更かししてゲームをして、朝寝るというパターンを作り出しているのです。そんなパターンを知らず知らずに作り出していくのは病気かな、と思ったりもしましたが、内にこもるようではなく、経験者の長女に言わせると、「医者に治せるわけ無い、行ったことろ薬漬けになるよ」と言われ、ワタシもそう思います。

でも、高校資格はどうするか、仕事もなにもしたくないと言ってて、このままではどうしたら良いか、姉が頼りだったのに出て行ってしまう・・・というフラストレーションでいっぱいになり、話し合いも決裂のまま、また同じことの繰り返しが始まる、という諦めモードになってきた時、

長女が

「私が弟をしばらく引き取って、立て直す!!!仕事をさせるから!」

と宣言したのです!


聞いてるワタシがびっくりでした!

でも長女は「こうなることはなんとなくわかっていた、私は予知能力があるかも。それと同じ誕生日だしね~」と言って、ケロッとしてました。

ワタシとしては、本当にホッとして安堵しました。

この子を見るといつも言うことが決まっていてそんな自分も嫌で、気持ちを押さえ込んでるとため息ばかりでした。。。

以前、シルバーアーチでミカエルさんに「日本ではだめだ、親元を離れて外国に行かせると良いよ」と言われて、それができれば苦労しないのにと思っていたことが、形は違うけど実現するのはとても嬉しいことです。


その後受験生を残し、3人でまた夜の買い物に。

よくこれだけ買うものがあるなあ、と思うほど、たくさんの買い物をして新居に行き、整理をして、夜中の12時近くに帰ってきました。

へとへとに疲れていつの間にか寝てしまいましたが、長女と長男は二人でお茶を飲んだり話したりする声が微かに聞こえていました。



今朝は雨、8時前に起きたら長女はもう朝の支度をしていました。
今日は巫女の仕事、けっこう雨が降っているので送っていって欲しい、と。
もちろん送ってあげましたが、いつの間にか、こんなに成長したことに、びっくりしています。

これも、レコード会社から電話があったことが、自分の自信に繋がり、しいては家族の絆に繋がり、ホントに良いことを呼び寄せていくことに繋がっているんだな、と思わずにはいられません。

長女は『姉』という家族の役割をまっとうする、と言っていました。

さて、ワタシも『母』という役割を、ホントにまっとうする時が、来ました。

頑張ろう~!
[PR]
by greensleaves | 2007-11-10 13:31 | *2007年の家族と私

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧