*greensleaves*のエッセンス日記


 (グリーンスリーブス)   スピリチュアルなこと、家族とのことを、心で感じたままに綴ってます。家族でBUMP好き♪
by greensleaves
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:両親 ( 10 ) タグの人気記事

ブライダルベール

実家の母は、以前送ったのよりも大きくてりっぱなうどをとても喜んでくれて
さっそく一日がかりでいろんな料理を作ったようです。

その中に入れておいた花の苗はブライダルベールとポトス。
両方とも以前お客様回りをしていたときにいただいたものです。

ブライダルベールは差し芽をするとすぐに根がつき、簡単に増やせます。
春先にはかわいい白の三枚の花びらがとても好きで、
今のところに引っ越したばかりの時に育てていました。もう15年位前かな…

去年母がこちらに来て、持って帰ったブライダルベールは
冬の間にどんどん枯れてしまって、ひとつしか残らなかったようで、
とても残念がっていました。やっぱり寒さがこっちと違うようです。

こっちは春先に何もない植木鉢から芽が出てたり、
枯れかけているので根っこを抜いたままになっているのにも関わらず
水とお日様でいつのまにか花が咲いていました。
とても力強い植物ですね。
c0141290_15125614.jpgうども喜んでいたけど、
料理より先に植物を植木鉢に植えたようで、
そんなに喜ぶのなら、
毎月何か贈ってあげようかな、と思いました。

電話口の母はいつもよりたくさん話して
嬉しそうに笑っていました。
耳が遠くなって話がかみ合わないのに。
母と話した娘もそう思ったそうで、
母に聞いてみるとテレビを見るのに
イヤホンをつけていたそうです。

明るい母の声を聞いて、安心しました。
来月は母の日。
やっぱり贈るのはカーネーションかな?
5/1 写真追加
昨日からお日様をいっぱい浴びているので
たくさん花が咲きました♪
[PR]
by greensleaves | 2009-05-01 00:01 | *好きなモノ

続き~娘の気持ちと親の立場

実は前日、インディゴの高1の娘からは

「好きなケーキ屋さんのバイトを始めてMスドを辞めたい、と言ったら
『最初の契約と違う、こっちのバイトもちゃんとするのが大人としてのルールだから。
こっちのバイトを先に考えてくれないと困る。そっちのほうを辞めるべきだ。』
との一点張りで、まったくこっちのことを考えてくれない。

その時に、お母さんが仕事を始めて私が家の事(料理)をしないといけない、
バンドの練習もしたい、と言ってるのに、
『何度もそういうややこしい問題をもってこない!』と
取り合ってくれない。

この前は40分もくどくどお説教みたいに上から目線で言われて、
そんなこと中学の吹奏楽の先生からとっくに聞かされていて、知っている。
そしてそのあと
『この日は?何もなかったらバイトに出て!』
と、一日ずつ聞かれて困った。
何も無い日でもゆっくりしたい日もあるのに
強制的にシフトを入れさせられ、30分もつかまり、後の仕事が遅れて困った。

他の子にはそんなことをしてない。自分が新入りなので甘く見られてる。
すごく嫌なことをされた!もう、辞めたいよ~」

と話を1時間くらい聴かされていたので、今日は行かないか、
辞めるのか、と思っていたけど、そのくらい嫌だったとは。。

でも、私は店主としての気持ちもわからなくはない、
一般社会、として、バイトを辞めるときはこんなんで良いのか~
親としての気持ちもあるし、娘に話して、
店主にちゃんと挨拶をして辞めるべきだ~
とか、いろいろ話をしました。

「最初はなんとか行こうと思っていて、なんとかしようとがんばってみて
行こうと努力したけど、どうしても気が進まない。
だったら、遅れてなら行けるかも、と思いメールした。
『高校の用事で6時に間に合わないかもしれません。』とメールのやりとりして
結局店主から
『そんなことは電話しなさい』
といわれ
『高校で携帯禁止(←本当です!)なので、電話は出来ません。』
とメールしたら
『では、6時にくること、じゃ!』と切られてしまい、何じゃこのメールは!ときれた。
(実は試したのかも。。)
あまりにも人のことを考えてくれない。こっちもなんとか行くように頑張ったのに。。。
『じゃあ、もういいです。』とメールを送って、着信拒否したら
何回も電話がかかってきたけど、もう出たくない。
相談しても真剣に取り合ってくれない、もう辞めると決めた。」
今気がついたのですが、これはクラスでの話を聴く、とシンクロでした。。

ちょっと、離れて様子を見ようと。

その後、チンジャオロースーを持って、上の娘のアパートに。
娘にも下の娘は相談していて、辞めてきたことを話すと
「あらそう。辞めて正解だと思うよ。相談にものれないような上司はだめだね。
私もバイトを辞める経験をしてきたけど、そうなるとバイトには行きたくないし
行っても嫌気がさすだけだし。
妹の気持ちもわかるよ、あれは店主がだめ!」

そう言われるまで、私は下の娘のことより、
娘の言い分は話半分、
それより社会の常識、礼儀などを主に考えていて
娘の気持ちを考えてあげていない、ということに気づいた。
クライアントとしてなら、その人の気持ちをまず一番に考えてあげるのに。。
娘、となると対外的なことを先に考えてしまい、
親としての立場で教えることなどばかり頭にあり、
娘の気持ちを重んじてないことに気がついた。
ごめんね。
まず、娘の気持ちを優先させたら、
相談しているのに取り合ってくれなく、酷いことをされているのを
解ってあげることが先だったな、と反省です。
今までよく自分の都合で嘘をつかれたこともあり、
娘を信用してなかった、ということでもあった。
娘は私の仕事が夜遅くなるときは
ご飯を作ってあげようという優しい気持ちがあるのに。。

そして、私も離婚してから一番最初の仕事で辞めたのは、上司とぶつかってのこと。
3回目衝突したら辞めよう、と思っていて、3回目ではずっと泣いて、
次の日から出勤しなくて、引き止められたにも関わらず、辞めた。
でも待遇は一番良く、私との一件でかはわからないが社長も辞めたようで、
やっぱり自分でも悪いことをしてしまったと思っていたのか、
私はその時のことがあるから、辞めるときはちゃんと辞めて欲しい、と思ったのを
子供に押し付けてたんだ、と理解できた。
そして、私の父親のことも、腰が悪くなってから何長く勤めた会社を辞めて
その後何度も転職する姿を見て、「情けない」と
心の中では馬鹿にしていた気持ちがあり、
今となっては、「父も苦しんでいた」と
父のことを解ってあげられなかったことを、許して欲しい気持ちでいっぱいです。

このことは、昨日のフラワーエッセンスクラスに続きます。
[PR]
by greensleaves | 2008-11-19 11:34 | *日常

昨日はマサコさんのNLPコーチングの講座に風邪を押して行ってきたが、
帰ってきたら、ものも言わず寝込んでしまった。
母は下の娘とご飯を作ってくれた。簡単なグラタンだったけど、美味しかった。
食べてすぐにまた寝てしまった。

母は今日、父のもとに帰ると決めていて、朝から支度を始めていた。
今回は父は機嫌良く、すぐに帰って来い、と言わずに助かった。

風邪をひいてなければ、温泉にも連れて行ったのに。
上の娘のアパートにも泊まりに行けたのに…後悔も残る。

母は朝から下の娘といろいろ話したり、昨日もワタシがいない間に仲良く出来たよう。

1時頃、上の娘の昼休みをめがけて昭島に行って、お昼を一緒に食べた。
そしてアルバイト先の紅茶屋に行って買物をして別れた。
母は孫が仕事をしている姿を見て安定したのか、嬉しそうだった。
娘の部屋にあった石に興味をもっていたので、母にプレゼントをしようと思って、
石屋に行った。
母は最初は乗り気じゃなかったけど、どうやら石が好きみたいで、
アメジストが気に入ったようだった。金額はちょっと高めだったけど、紫色で良く似合っていた。
クラスターもつけてあげた。
そして立川駅に送って行ったが、一人で電車に乗ると言うので、改札口で別れた。
小さい身体が、余計に小さく見えた。


どうか長生きしてね。お母さん。もっと親孝行させてね。
[PR]
by greensleaves | 2008-03-21 17:31 | *日常

母の偉大さと自分の弱さ

ワタシの失言?で、下の娘が大爆発した。
それを誰も止められない。
夜中になっても、すごい剣幕で止まらない。。。
謝っても、何をしても、どうにも収まらない。
どうしたものか。。。
こういうとき、両親が揃っていたら、こんな風には
ならないケースもある。
そんなことを思っていたら、上の娘も、

『お母さんの言っていた意味がやっと解ったよ。』
と漏らしていた。
そして、夜中2時過ぎになっても収まらない娘の様子を見て、
母がおきて来て、怒りまくっている娘を抱きかかえ、

『Aちゃんの気持ち解るよ~
よしよし、お母さんに代わって謝るから。
ごめんね~ごめんね~』

と、背中をさすった。

それこそ10分のマジックだった。
娘は泣いていたが、ようやく、心を沈め、
落ち着いたようだった。

母はすごい!すごすぎる。
神様に見えた。
そのために、母がやって来てくれたのかな。。
と思えるようだった。

ワタシには77歳の母の偉大さだけが残る、
すごい一日だった。

そして、母は風邪を引いてしまったのだった。。。
ごめんね。
そして、ありがとう。

いつも、頑張りすぎの母。
のんびり過ごさせてあげたい、と思っていても
こんなことになってしまいました。
ごめんなさい。
まだまだ、自分の弱さを認めたくない、自分がいました。。
[PR]
by greensleaves | 2008-03-16 00:43 | *日常

母の上京

14日の仕事最終日に、母親が新幹線に乗って上京してきました。
仕事仲間とお茶をしていた時、息子からメールが。

おばあちゃん、立川駅に着いたって。

唖然、でした。
予定より一時間も早い。。。
なんか、時間を間違えたようでした。
8年ぶりくらいの東京駅だが、ちゃんと中央線に乗ってこれたようで
よかった。とりあえず、息子が駅まで行ってくれる、とメールがあり一安心。
こういうときは、この息子はよく機転がきく。
ワタシのお茶会はどうするか。。。
息子に任せよう、と腹をくくり、1時間半くらい過ぎたところで、
おばあちゃんが上京してきたことをみんなに知らせて、
お開きとなりました。

息子にメールして、立川からモノレールでT駅まできてもらうようにして、
記念品としてもらった傘をさし、花束二つと制服の大荷物をぶらさげ、
やっとの思いで自宅まで帰ってきて、すぐさま車に乗り
T駅まで母と息子を迎えに行って、やっと自宅に戻りました。

そして、上の娘からメールが。
立川駅まで迎えに来て欲しい、と。。。
ワタシは昨日から母を迎える用意の買い物と掃除で、1時間半ほどしか
寝ていなく、くたくたで、母にお茶も淹れられないというのに。。。

またまた立川駅に行ってから、とりあえずの回転すしで夕食をとりました。
久々で、美味しかった♪

やっぱり家族だね。みんな揃うと、楽しかった。
久々の母は、少し歳をとったけど、まだまだ元気な77歳。
大事にしてあげないとね。
親孝行は全く、と言っていいほどしてなかったので、
今年は少しでも両親と接したい、と思っています。
[PR]
by greensleaves | 2008-03-14 22:45 | *日常

両親の葛藤

下の娘の中学生最後の演奏会と卒業式にあわせ、
なんだか急に両親を東京に呼びたい、と思い、実家に言ってみたら、
父親が歩けないし、母とけんかしてるとか、、
いろいろあって、どうしたものか。。

成り行きに任せていたら、
母も行きたくない、と言う。
去年、姉の住む大阪に行った時、父が途中でなかなか動けないのを
連れて行ったときすごく難儀して、父を一緒に連れて行くのが嫌だ、
とのこと。

いろいろ思案した結果、これだけのイベントがあるのは、
今後はないのではないか、と思ったので
とりあえず、母だけこれないかな~
と思って、実家に電話してみた。

偶然父が出て、『自分は行けない。』と言い出したとき
とっさに『おばあちゃんは来れるやろ?』と聞いてみた。

父は電話を母に代わり、
母は父に『うちだけ行くから、行ってええやろ?』
と聞き、ようやく父がしぶしぶ承認した。

なんだか上手くやりのけた♪
いつもこんなふうにいくといいのにな。

それにしても、今まで父親をかまってあげることが全くなかったので、
父親は娘が東京に招待してくれた!
とそうとう嬉しがっていた、とのこと。

やっぱりそうだったんだ。
ワタシと似てるね~
これからはちょっとずつだけど、優しく接してあげよう。

続く…
[PR]
by greensleaves | 2008-03-13 22:14 | *日常

浄化

2時から下の娘の学校説明会に行く予定で、シャワーをしていました。
そして何の気なしに、歌を口ずさんでみました。

もちろん、『Geensleaves』、そして、『竹田の子守唄』


守も嫌がる   盆から先にゃ    
雪もちらつくし   子も泣くし

盆がきたとて  何うれしかろ
帷子は無し  帯は無し

子の子よう泣く  守をば弄る
守も一日   妬けるやら

はよも行きたや  この在所越えて
向こうに見えるは  親のうち

向こうに見えるは  親のうち



この唄で、ハッと気がついた。この、子守唄は、自分のための歌だった、ということを。。。

そして、今ならできる、と直感で思いました。


自分が父親に対して、嫌い、憎い、醜い、情けない・・・という感情を、思い切り感じました。
腹の底から感じきったとき、モヤモヤの気持ちが飛んでいった。。。

そして、父親を、以前の感情抜きで眺めた時、自分のやっていることは何???
自分自身が愛を持って接しなかったことに、やっと気がついた。。。

父があんなことしなかったらいいのに、とか、ああすれば良いのに、と思うのではなく、


『自分がどうしたらよいのか。。。』が必要ではないのか?


弱ってきた父をみて、死ぬまでに気づいて欲しい、と思っていたのが、死ぬまでに父のために自分ができることは何か。。。

まったく見ようとしてなかった父のほうが、ちゃんとこっちを見てくれて気にかけてくれてたのに、ワタシはまったく見ないフリをして気にかけてもいなかった。。。冷たい人間だった。。。

許すことはさっきにもう終わっていて、今これからは『愛する』こと。と思ったとたん、涙、涙。。。

これからは、ちゃんと父と向き合おう。ちゃんと目を見て話そう。



気がついたら、ちょうど30分だった。今まで、散々こだわってきたことなのに~たった30分でヒーリングができるなんて~

終わったら、何にも思ったり、考えたりすることがなく、とてもとても穏やかに、時間が経っています。これが静寂、ってのかな~

それでも、ダンスの帰りに買い物に行って、帰ってすぐお風呂に行ったけど、昼間の長いシャワーで、電気温水器のお湯は底を尽きていて、途中から水になっていまったという、落ちはちゃんとありましたとさ。
[PR]
by greensleaves | 2007-12-02 02:03 | *ヒーリング

父親

父親と、心の対決をしないといけないのは、ず~っと前からわかっていたけど、それをLotus_Arkさんから突きつけられ、MURAIさんから掘り起こされたものの、まだまだどんなふうに処理していいかわからずにいました。フラワーエッセンスで飲むものも、サンフラワーをメインに選んで、好転反応はまったく出ないで、5日間経ってしまいました。。。

それで今朝、起きがけに目をふさいでこの前の瞑想から潜在意識に入る方法でやってみました。

瞑想のイメージはキャンプファイヤーと父親を出したものの、何も言わず言えないので、そのまま内観をしてみました。

そして、その時の父親の状況を考えてみると・・・



父親は転職を繰り返して、イライラしていた。

家族みんなからそっぽを向かれ、孤独だった。

お酒を飲んでは、愚痴をこぼしていた→お酒に逃げていた。

父親とはいつもケンカばかりしていた。



考えれば考えるほど、ワタシと同じで、ビックリだった。。。。。

ワタシも転職をして、ホントに子供達にあたっていたようだ。(みんなに口を揃えて言われるが、まったく自覚がない。。)

そしてそっぽを向かれて、子供達が悪いと人のせいにして、自分が可哀そうと自己憐憫に陥っていた。

バレエやダンスとか自分の好きなことに逃げていた。

子供たちの悪い面ばかり見て、その部分を攻めてはケンカばかりしていた。



ホントに当てはまることばかり。。

父親も孤独で可哀そうだな、と思う。



さて、そろそろ電話で対決する時がきたかな。。。

もう一日、もう少し、時間がかかるかも。。。

その時がくれば、自然にできるようになることになっているので、焦らず、奢らず、自分らしく、愛をもって、やっていきます
[PR]
by greensleaves | 2007-12-01 11:31 | *2007年の家族と私

母の家出

先週の木曜日、仕事途中に、会社から急ぎの電話があった。
聞くと、実家から会社に電話があり、電話してほしいとの事。

ビックリしたけど、母が大阪の姉の所に、火曜日の夜遅く出てきてるのは、子供へのメールで知っていた。
多分父だな、と思って電話をかけてみた。


「ばあちゃんが、家におらんから、どこに行ったんか、わからん。知らんか?なんでこんなことになったか、身に覚えがいし、わからへん。」


自分が傍若無人なことしていて、「わからへん」だと~!!


ワタシは、聞いてきても知らん振りして、
「こっちには来てへんから、知らんよ~」
とつれなく返事した。



    『自業自得』



今まで散々母親を苦しめてきて。可哀そう、とは全く思えない。
しかも、自分が機嫌悪いからと言って、2階から掃除機を投げつけ、
「出て行くところがないから、出て行けんのやろ!」みたいなことを言ったそうな。母はここぞとばかり荷物をまとめて、さっさと9時すぎの
電車に乗り込んでいったそうだ。


小さい頃、何もしていないのに殴られている母の頬を見て、いつかしっぺ返しがくるし、天罰みたいのが降りるはずだ!と思っていた。
大嫌いだった。中学生のころは母に、姉と何回も「離婚したほうがいい」と言った記憶がある。でもそれでも我慢している母を見て、どうして我慢する必要があるか不思議だった。

(こんなことがあったので、ワタシはさっさと離婚した経緯がある。)


でも母は我慢していた。
母もいつか、家出をして、困らせてやろう、と思っていたはずだ。


それが、77歳になった今!!!
母はワタシが結婚してから、水泳を習いに行き、今ではバタフライが泳げるほど、元気そのものだ。


気弱になった父は、何回も姉のところに留守電をしてくる。
でも母は電話にはでず、無視していて、大阪での生活を満喫している。
ここで甘くしてはいけないし、父のためにもならない。



父は昨日の電話で、「許してくれ~何でもするから~」みたいに泣き言を言ったそうな。。

口ばかりでなく、本心から言ったら、許してあげるかも、ね。
あの世代の男たちは、全く何もしなく、お茶、ご飯、お風呂・・・といまだに威張っている。まったく、自立してない。
お客さんのところでも、60~70代の人は、みんなそのようだと、よく聞く。



奥さんにホントに感謝するようにならないと、愛想つかれるからね~


そして、経済的な自立ではなく、ホントの自立をしていただきたい。


とりあえず、母の家出は、、、続く。
[PR]
by greensleaves | 2007-10-09 00:35 | *2007年の家族と私

今朝の夢・・・父

今日の夢は、久々に若いときの父親が
子供のワタシに、
横をむいたまま、
顔を合わさないで、
何かブツブツ、独り言のように
文句を言っている。。。

ワタシはいつものように聞かないフリ。。。

それを良いことにいまでもブツブツ。。。

そして、いつもの口ゲンカが始まり。。

  お互い自分のことしか言ってない。
  人の話は何も聞いてない。

まるで今のワタシのよう・・・

身に詰まされます
反省反省


久々に電話してみようカナ・・・
[PR]
by greensleaves | 2007-07-31 01:13 | *夢

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧