*greensleaves*のエッセンス日記


 (グリーンスリーブス)   スピリチュアルなこと、家族とのことを、心で感じたままに綴ってます。家族でBUMP好き♪
by greensleaves
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ひさびさの感情

発表会が近づくにつれ、衣装のことやスケジュールもあり、
自分なりの計画が崩されかけて、イライラ。
それで、子供たちと言い合いをして、
以前の感情が出てきた。

子供たちの言動にも、言いたい放題で、
子供として許されている面もあり、
私は親として、子供から許されない面もあり、
一人の人間として扱っているのにもかかわらず、
子供の不満ばかり聞いていたように思った。。

私はこんなことを思っていたんだ。。

子供たちから、「以前はお母さんがひどかったんだね。」
とか言われたり、
自分でも私はひどいことばかりしてきたんだな~
と思うことが多かったけど、
ひさびさにこの感情を味わったら、
自分だけの言葉がひどかったんではなく、
相手の見えないナイフのような言葉に怯えて
吼えていたようにも思う。

そんなこんなで、一晩経っても、まだ感情は残っていた。
そして昨日の朝も続き…

長女のピアノの発表会が国立であり、

長女のリスト『愛の夢』を聴いて、癒され、ジーン。。
先生のショパン『幻想即興曲』を聴いて、クラシックで初めて、泣けた。
私の感情そのものの、ショパンの曲。

やっぱり音楽って、素晴らしいな。
その後、下の娘とは何とか普通に会話できたけど。

やっぱり、この感情を昇華してあげないと、
本当の癒しにはならないな、と思う一日でした。
[PR]
by greensleaves | 2008-08-25 12:49 | *日常

『13の月の暦』勉強会とバレエのレッスンとフラワーエッセンス作り

昨日は国立の月船であった、13の月の暦勉強会に行ってきました。
誘った人は友人のひろりんさんで、野菜がたくさんの店で先にランチもして、
ほんと、話したらキリがない、楽しいランチでした。

13の月の暦勉強会の講師は、手帳製作者、こよみ屋の倉元孝三さん。
なんせ、全く初めて手に取る手帳で、
去年から気にはなっていて、ちょうど新しい年が始まるに当たって
使ってみたい気持ちがあって、今回誘われたとき、即行きたい、と思いました。

倉元氏曰く、どんどん書き込んでいって、後で見ると
いろんなことがわかるらしい。
シンクロは去年から多々あるけど、それがすごいことになるらしい。

う~ん、とにかく、使ってどんなことがあるかあとで考える、ってことか。
と、ひとまず落ち着きました。

終わったあと、参加者のなかのおひとりが声をかけてくださり、
いろんなことを話しました。
みんな抱えていることは違うけど、今の状態から良くなりたい、
という想いがあってもどうしたらよいかわからない、という話で。

大変な想いを抱えられていらっしゃるようで
メールを交換して、今度お会いすることに。
フラワーエッセンスが必要かな、と感じました。
こんなことで、私は役に立っていくのかな、とささやかな嬉しさがありました。

そして、帰ってきてから一息つく間もなく夕飯を作り、
バレエのレッスン。
レッスンに入る前、以前そこでアシスタントをしていた
ななちゃんにばったり!
そして、お二人のお子さんまで!
元気そうで、とってもとっても嬉しかった。
若いのにちゃんと子育てをしていて、感心しました。
久しぶりに赤ちゃんとの触れ合いも大満足。

そして、普通のレッスンと、発表会の衣装を着けての振り。
もう発表会が間近なので、10時すぎになってしまいました~

その後、一緒に踊っている仲間のフラワーエッセンスを作りに
二人の友人とファミレスに行きました。
すぐ帰るつもりが、なんと2時でした(汗)

一緒に行った友人は、以前フラワーエッセンスを飲んで
いろんな内面をみつめ、行動して、大変助けられたようで、
その子の話も、私の言えるようなこととはちょっと違った目線であったので
とっても、参考になり、感心しました。

人が抱えている題は、ホントにその人にしか解らないことで。。
そして、もっと深い話になって、私には想像し得ない出来事や環境であったりして。。

それを『解ってあげようとする気持ち』が一番大切なんだ、と思いました。
人は本当に綺麗な心(魂)があり、素晴らしい存在だな、
と思わずにはいられない、
それにしても、以前のようにハードな一日でした。
[PR]
by greensleaves | 2008-08-23 11:21 | *好きなモノ

バレエ・ジャズダンスの発表会!

実は、バレエとジャズダンスを習って12年。。。
2年に一度の発表会を迎えることになりました。

小学校1、2年生のとき、父の影響で日本舞踊を2年間習っていたのですが、
お金がかかると、有無を言わさずやめさせられ、
4年生のとき友達の歯医者の娘さんに誘われた
バレエの発表会を見て、親に習いたい!と頼んだが、
「バレエは金持ちのすること」と一蹴され、断念。
絶対に子供には習わせるんだ!という思いが残りました。


このブログに書くことで、自分の小さい頃を思い出してみると、

小学校3~6年生まで市のお祭りで、町内会対抗踊りに出たり、
4~6年生はバトン部で活躍?したり、
高校は1年生で合唱部、2年生演劇部に移ったり、
卒業時は本気で東京に出て、ミュージカルダンサーになりたかったことも。。

両親には反対されて、唯一味方だと思っていた姉にも
「東京出て、誰の世話になるんや。」
と言う言葉で、諦めてしまったことも、思い出されました~
(改めてインナーチャイルドが、出てきました(汗))

余談ですが、縁あり、東京に住んでいた元夫のおかげで、
私は東京に住む!
という願いが、今叶っています。

そして、子供ができ、小さい頃からマイクを持って歌ったりしていた長女に
バレエとピアノを習わせました。

下の娘が4歳の時、やっと手が離れると、娘と一緒に、念願のバレエ初体験を経て、
勢い余って、ジャズダンスも習いはじめました。

その後、離婚しても、なおダンスが心の支えになってくれたことは
言うまでもありません。

2年に一度の発表会で、今回6回目。
今回、ゆるゆる練習をつんで来たのですが、これではいかん、ということで
やっと、力が入ってきました。

ゲストには東京Cバレエ団のプリンシパルのかたや、
今年、某大会で日本ジュニア2位になったAちゃんが在籍していることで
大変期待されて観に来る方も多いのでは、と思います。

ならではの、第4部のオリジナルはノンストップの場面展開で飽きさせず、
バレエとジャズ、HIPHOPが入り混じって、大人から子供までとっても楽しめます。
毎回立ち見がでるほどの盛況です。

もしお時間が合う方は、ぜひ観にいらしてくださいね。
8月31日(日)2時~昭島市民会館です。
[PR]
by greensleaves | 2008-08-18 15:38 | *好きなモノ

娘のインナーチャイルド

下の娘が8日から2日間、友達の家に泊まりに行っていた。
行くときに、べったりくっついてきて、
「愛情表現だよ~」
と言って、出かけて行った。
高校1年生で。。。

ありゃありゃ、と思っていたが。
一日に何回も帰ってきては、何か言いたげで。。

夜10時過ぎにバイトから帰ってきて
また、別の子のところに泊まりに行く、と言う。
疲れているし、ゆっくりしたい気持ちもある、とも言う。
本心が、わからない~

家が居心地が悪いのか、友達のほうが良いのか・・・
いろんな妄想でつい
「また、行くの?勝手にすれば~」
みたいに言ってしまった。

そして、娘は
「お母さんは私がいなくて淋しくなかったの?」
と言ってきた。

その言葉に、ここで淋しい、と言えば、
友達の所に行かなくなるかもしれない。と思い、

「別に~淋しくなかったよ~お兄ちゃんがいたもん。」
と言った言葉に、
娘はめちゃくちゃ哀しそうな顔をした。

そして、
「今日私が行ったら、お母さんはどうするの?」
というので、
「お兄ちゃんは今日実家に帰省で、一人だからお姉ちゃんのとこに行くから。」
と言ったが、どうも不満顔。

それからは、いろんなことを話したが、
また、行きたくないのか、
引き止めて欲しいのか、
いろんなことが、私の頭の中で巡る。

そして、だんだんと、面倒くさいな~
早くしてくれないかな~
という思いが、娘には伝わり、
「今面倒くさい、と思っているでしょ。どうせ、私がいなくても良いんでしょ?」
と聞いてきた。
(本当に、勘が良いな~)

だんだん、不安な表情になって、
これは大変なことだ、と思って、
ちゃんと向き合わないと、いけない。と自分に言い聞かせた。
その間に、どんどん時間が経ってきて、
12時近くになった。

娘は、小学校から中学校にかけての
不満を話し出したら、涙が止まらなくなっていた。

娘「お母さんが、淋しかった、って言ってくれれば
 安心して、すぐに行けたのに。
 こんなことにはならなかったよ~
 もう、友達のところには行けないよ~」

母「淋しかった、って言ったら、愛はお母さんのことを思って
 友達のところには行けなくなるかもしれないから、
 わざと淋しくなかった、って言ったんだよ。
 淋しくないなんてこと、あるわけないじゃん。
 気持ちと違うことを言うのは、愛もおんなじじゃん。
 なんで淋しい?って聞くの?
 愛はどう思っているの?
 愛の気持ちは?」

「私が淋しかったんだよ。
 友達の家にいても気になるし、
 食べた気がしなかった。
 家から持っていったおにぎりが一番美味しかった。
 自分が淋しい、って今まで言えなかったことが
 急に言えるわけ無いじゃん。。」

これが、娘の本音だった。

娘…今まで、ずいぶん淋しい想いをしてきたこと。
  小学校6年生で、頼らずに一人で生きていこう、と思ったこと。

(こんなことを、思っていたんだ~)

娘…お姉ちゃんが話すことは、真剣に聞くけど、
  私が同じことを言っても、あんまりお母さんには届かない。
  お兄ちゃんはお姉ちゃんが守ってくれて、私にはかまってくれない。
  お姉ちゃんは成績が良く、
  お兄ちゃんは成績が悪くても頭が良い、
  私はいくらがんばって、5をとっても、あまり褒められなかった。
  一生懸命努力してるのに。。

(これは何回も聞いた~まだ、溜まっていたんだね。。)

母「ごめんね。」

娘…お姉ちゃんはいろいろ不思議なことがあったけど
  自分にもあって、家に誰かいるような気がしたり、おばあちゃんのところで
  いろんな音がしたり・・・

(そうか、やっぱり私の子だね。
 でも、困る。あなたが泊まりに行ったら、私は一人?一人で寝るのは嫌だよ~)

娘…お母さんに負担をかけないようにしよう、と思っていて
  友達がお金を使っていろいろ飲み食いしても、我慢していること。

母「知っているよ。愛はそのために、バイトもがんばっているよね。
 偉いよね~」
  
母「だいじにするからね。。」


しばらく、抱きしめて、やっと安心したのか、
友達のところへ行くという。

高校1年生でもまだ子供で、子供というには大きすぎるけれど。
子供の頃の想いを抱えているこの子は、小学校のままだった。

子供の時のまま、小さな小さな子は自分の気持ちを抱えて
泣いて、吐き出して、認められて、甘えられて、
やっと叶えられたようだ…

遅くなったけど、ごめんね。
ありがとう、教えてくれて。

12時半すぎに、友達の家に送りに行った。
そのあと、上の娘のところに行くのにも、駐車場がみつからず。
腹を括って、一人で寝よう、と思ったが、なんだか、一人は怖くて淋しい。
それで、テレビと電気をつけっぱなしで、3時過ぎに寝た。
私にも、やっぱり怖いものがあるんだ~家族がいないと淋しいよ~

娘の名言
いつまでたっても、娘は娘で母は母。

可愛い娘をもって、私は幸せです。
[PR]
by greensleaves | 2008-08-11 13:46 | *日常

崖の上のポニョ

スタジオジブリの映画は最近は家族みんなで観に行くことが多く、
4人が行けるときに行っておこう、ということで、
先週の水曜日の映画デーの時に、急遽『崖の上のポニョ』を
観に行きました。
映画の情報は全く調べていなく、わずかにポニョの歌が可愛い、
ということだけ。

映画はあっという間の2時間弱、すごく良かった。
内容はこれから行かれる方に悪いので書きませんが、
とっても『愛』あふれる映画で、バッシングがあるようですが、
私たち家族全員、とっても良かった、と話しました。

ただ、『ハム』と『3分間即席ラーメン』は添加物が多いので
美味しそうに食べるのはどうか・・・という、私だけの想いはありますケド。


その後の火曜日に見た、300日にもおよぶ、宮崎監督のテレビ番組を見て、
やっぱり、すごい監督だ~ということと、すごい情熱と愛をもって、
映画をつくっていること、でした。
CGを使わず、すべて手作業の絵は、気が遠くなるような作業ですが
その手で書いた絵は、やはりとても心が温かくなります。
バックの鳥一羽で、その社員を叱責して、心がない!
という監督は厳しい、というより、鳥そのものをアニメで表現したいための、
愛のある言葉。
そして映画に登場させた人物に自分の母親を投影して、
そこからなかなか進まずにいたけど、締切り間近にどうにかこうにか
進展させ、自分のインナーチャイルドを癒している事さえされていました。
(スゴイ!!!)
その人は、本心をかくして口ではいろいろ文句を言うけど、心根は優しい人。
ちょっと前の私みたいです。。

宮崎監督は、年齢は今年68歳、もう最後、と話されているけど、
短編でも良いから、ずっ~と作って欲しいと、切に願います。
[PR]
by greensleaves | 2008-08-09 18:08 | *好きなモノ

闘病中のクリスティーナちゃんの募金活動

mixiを通じての友人に掲載されていたものを
紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぐりーん☆百花さんの8/4日記より


お友達が手術をしました。
心臓の手術です。

一部のみの手術で
むずかしいところは
また後日手術することになりました。

長い闘病生活の中
クリスティーナ綾ちゃんの日記は
こころがきれいで純粋で強くて
生きる気持ちが強くつたわってくる
言葉がつたわってきます。

彼女の生き方になんども勇気をもらいました。
彼女の夢は歌をうたうことです。

元気になってまた歌がうたえるよう
応援していただけますか☆


クリスティーナちゃん心臓病闘病応援の会HP


現在手術費用が足りずに緊急に募金をつのっています。
募金もこちらで募集してあります。

振込先は
こちらのHPに書かれています。


内容を少しコピペしました。

☆☆☆
8月2日土曜日に手術、施術が一カ所行われましたが、出血など、状況が悪く途中にて中断。一時期ICU(集中治療室)にも収容されたそうですが、現在は落ち着かれています。また近日、再度の治療、施術が必要となります模様です。よろしくお願いいたします。
☆☆☆
 

募金、お祈り、このHPをひろめてくださることなど
なんでもokです☆

応援していただけるとうれしいです。
あなたのこころが動くことで。。。☆



   「こうやって何かを書けることに、感謝。
   生かされてることに感謝なのです」
    クリスティーナ綾☆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

HPをたちあげられた凛さんからのメッセージです。

…お父上が亡くなり、彼女のお母様も家系からか心臓病が悪く、数度の手術を繰り返しておられます。社会的な援助、身近な者の援助だけでは、闘病の継続、近い将来の移植医療を受けることは不可能な状況となってしまいました… 

ある時彼女が夢を語ってくれました

『もしもっと生きていられて、いっぱい歌えたら、心臓の悪い子たちの為の基金ていうの?を作りたいな。むずかしいとは思うけど・・・それがいまの夢・・・』

わたしは驚きを隠せませんでした。自分の病気が治ることより、歌で心臓病の子たちを救いたい、彼女はそんな想いを抱いてました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少額でもよい、とのことで、私も募金をしました。
あとは、祈るばかりです。
みなさま、よろしくお願いいたします。
[PR]
by greensleaves | 2008-08-05 19:22 | *日常

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧