*greensleaves*のエッセンス日記


 (グリーンスリーブス)   スピリチュアルなこと、家族とのことを、心で感じたままに綴ってます。家族でBUMP好き♪
by greensleaves
プロフィールを見る
画像一覧

初めての愛のプレゼント

今日は忙しい夕方でした。

お昼寝しちゃってたので、慌てて夕飯を30分で作って、衣替えの

クリーニングの引き取りに8時ギリギリに行き、そのままジャズダンスに。

レッスンが終わってから先生を立川駅に送って行った帰り、

Cメールが届きました。

家族だな、どうせ「何か買ってきて。」とかいうものだと思ってたら

なんと、真ん中の男子のインディゴから。

昨日から疲れさせてくれてるが、いったいなんだろうとメールを開くと



『今日のチャーハン美味しかったよ。ごちそうさま。』



神様は、ワタシに仕組んでくださいました。

誕生日にも何もしない男子から、初めての愛のプレゼント。

ほんとにありがとう。

こころから、うれしいです。

なんか、ワタシと、ワタシのまわりの世界が、

チョットずつ変化してきてます。
[PR]
by greensleaves | 2007-09-30 01:19 | *2007年の家族と私

バトル 続き

今朝、息子が言ったひと言、


『お母さん、ぶつかり合いすると(その人のことが)よくわかるね』


まったく、そのとおりです。

バトルは、無駄じゃなかった。。。

この子なりに、よく考えてることもわかった。

「自分は、今は『生きる屍』だ。」とか

「言われてすることよりも、よく考えたうえで自分が決めたことが一番」

とも言っていた。。。

いつも、「なんでそんなに結論をすぐ出そうとするの?」

と言っていた意味も。。。

何とかしようと、必死でもがいていることも。。。

がんばらなくて、がんばれ!インディゴくん!

応援していくから!!!
[PR]
by greensleaves | 2007-09-29 12:06 | *2007年の家族と私

合唱コンクールの練習とバトル

毎週金曜日、7時半から2時間、下の子の中学校で合唱の練習が

あります。もちろん、11月にある中学合唱コンクールで歌うためです。

毎年、行事の余興として、子供たちのクラス対抗の最後に、親の有志

40人くらいで、2曲披露します。

今まで3回出てきましたが、今年は一番下の子が卒業するので

最後の練習になるのです。

そのために、8月から金曜日のバレエを3ヶ月お休みしてます。

でも《クリスタルボウル》やら《朗読会》やら《悪徳商法》などが重なって

一度行ってから3回もたて続きにお休みしてしまいました。。。



曲は、キロロの『ベストフレンド』と伝統の『大地讃頌』。

もうすでに『ベストフレンド』は、最後まで通しで終わってました。

が、『大地讃頌』は音とりが難しい。。。

しかも初めてのメゾソプラノ・・・


大きな声を出して歌を歌うと、必然的にグラウディングしているような

大地とどっしり繋がったような、気持ちになり、腹式呼吸でお腹もすくし、

とっても健康的!ただで美味しいものを味わっています。


みんなの気が良いのか、音楽室の中で、プラーナが・・・

そっちのほうも、楽しみ。


実は今日、子供2人とも学校に行ってなく、会社から帰ってから

久しぶりに怒ってしまい、でも歌を歌ったら、そういう気持ちとか

感情とかが吹っ飛んでしまいました。



また、学校へ行く途中のクリーニング屋さんで、息子の仲良かった

同級生のお母さんがパートで働いてて、近況を話したり、

最近どうしてるかな、と思ってた友だち・・・これも息子の同級生の

お母さんが、来ててびっくり。絶対来るような人じゃないのに、

久しぶりに会って、合唱コンの練習が楽しみになりました!



帰ってそのことを子供に話したら、

「自分のことを話すのは聞かれたらいいけど、自分から話すのはやめて」

と言われ、その後、またまた夜中までバトルの延長・・・



でも、今日は息子の本音が聞けたり、いろんなことが理解できました。

そして、「バトルはものすご~く疲れるから、できるだけ話し合いにしよう。」

と、思った一日でした。

歌もバトルも同じ口から出るもの。

同じ『出る』なら良いものを選んで出したいです、ね。
[PR]
by greensleaves | 2007-09-29 03:13 | *2007年の家族と私

悪徳商法 続き

悪徳商法・・・の続きがあります。

ワタシと娘の考えは、好きな絵を買う、ことでケリをつけることにありました。

が・・・

日記をみたMURAI師匠から、メールをもらったことによって

もう一度、どうすることが最善なのか、考える機会を与えられたのです。

師匠に了解を得て載せます。内容は下記のとおりです。



『mixiを拝見させてもらい、ちょっと感じていることをメールさせて

もらいます。どう受け取り、どう判断していかれるかはもちろん

自由意志により選択なさってください。・・・

(ちょっと時間に余裕がない中でのメールですので、文面がおかしい

とこともあるかと思いますがご容赦を。)

娘さんの絵画の件ですが、今回の出来事の意味がどういうもので

あったのか!?と選択する際に二通りあると思えます。

一つはブログで書かれているように、娘さん個人の教訓として、

半分泣き寝入り的に穏便にすますという在り方です。

おそらく、貰われた絵画は、もう娘さんの素直な気持ちから

喜びを与えてくれるのとは違った意味が含まれており、見るたびに

教訓となる価値はあるでしょうが、それ以上に代物ではなくなって

いると思いますのでお金を払って買う価値に乏しいものになっている

のではと思われます。表現上は、あくまでも気に入っていると意地を

はられるかもしれませんが。。

そのため、そのような絵画を買われるより、もっと大きな視点で

見たとき、相手側の手法はあきらかに光に反するエネルギーを用いて

いますので、社会奉仕に対するライトワークとして、多くの人の

ように半泣き寝入り(おそらく相手側からすればそもそも版画を売り

つけるだけで御の字の手法だと思いますので)で無難的に終わらせる

のではなく、あくまでも一銭も払わずを貫く在り方で法的手段を

しっかりと強気で主張することにより、同じ様な出来事に飲まれて

しまいがちな集合意識に光をあてる機会が与えられたとも見て取る

ことができます。

イニシエーションを受けた者は時として、世の必要な所に光を

当てることを期待されて、光でない出来事を与えられることが

あります。そのような際に光の意思をもって光の表現を選ばれると

光のハイアラーキーから大きな加護とともに光の結果を出せることが

多々あります。

ぜひ、あらためて違った視点もふまえて今回の出来事の今後の対応を

見つめてみて、どうしたいかを考えてみるのは価値あることだと

思いますよ。

僕は、詳しい状況は分かりませんので、あとは細かな事情を含めて

トータルで判断なさるのが良いと思います。

ただ、Nさんには、それだけのパワーがあるから、与えられた

(お願いされた)出来事のようにも思えています。^^

ではでは、実りある人生を!!』



最初は困惑しました。正直、なんで、いったん決めたのに、

また面倒な作業をしないと、、、

なんて、思ってしまいましたが、考えてみればそれが一番の

得策であるに決まってます。それを、人の気持ちなどを

交えてしまうと、本質は見失ってしまったような・・・

出先なので、急いで家に帰って、パソコンを開き、自分で納得する

答えを見つけようと思い、版画の値段を調べにかかりました。

すると、やっぱり!!!

値段は10分の1の39,900円で通販で売られていました。(ションボリ)

やった!というより、ガックリでした。

でも、すごく救われました。これが、買ったあとで分かった時の

ショックといったら・・・騙された~ではすまないでした。



そして、みなさんから言って頂いた消費者生活センターを探して、

電話しましたが、あいにく祝日はやっていないとのこと。

明日の火曜日は二人とも空いていたので、朝一番に、立川の

消費者生活センターに出向いて、きっちり手続きをしてきました。

書面の書き方はHPに載っていますが、センターに行ったほうが

書類のコピーをとって、相手先が何か言ってきた時に、その人の

名前を言って手続きしてます、と強気に出られるので、絶対良い

と思いました。



よくよく考えてみると、19歳の未成年はクレジットできないので

相手は20歳になるのを見計らっていたようです。20歳といっても

19歳から17日しか経っていないのに、簡単に大人になったとは

言いがたいですよね。


娘にとって、この意味するものは、と考えると、

多分、この先こういう事態はありうるが、よく考え、よく相談して

物事の本質をどう見極めるか、という教訓であったように思えます。



ワタシにとっては、娘がワタシを必要とし、親として見直し、

認められた、嬉しい一件にもなりました。

エレメンタルがはがれたおかげで、『認められた』のね~

しかし、こんなに早く、願いが叶うとは~



相変わらず、何とかなる!と超楽観主義なワタシで、みんなが

「大変だったね」と言うような精神状態では全くなく、

神奈川までダンスをしにいってしまった親ではありますが・・・




最後に、コメントをしてくださったみなさん、

忙しいのに、長いメールをくださった、MURAI師匠に、

ほんとに感謝してます。心から、ありがとうございました。

(師匠は1111人目のご訪問でした♪)
[PR]
by greensleaves | 2007-09-27 00:02 | *日常

『エレメンタルーよい想いをかたちにしよう』

9月17日に、やすらぎの部屋プロデュースイベント、lotus_arkさんの

ミニワークショップに行ってきました。やっと書けます。

タイトルは『エレメンタルーよい想いをかたちにしよう』です。

エレメンタル、って何?ということですが、想念や願望などの形

とでも言ったらよいのかな。。。

詳しくは、lotus_ark(以下LAさん)のブログを見てくださいませ。

LAさんはダスカロスの五感の外の世界に

深く共鳴なされていて、実際に『先生』として、現れて

いらっしゃいます。

最初に現在の自分の願い、思いを描いて、ノートに書いてみました。

ワタシはやっぱり子供たちのこと。

男子(長男)は学校にすんなり行ってくれたら・・・

受験生(次女)も勉強をがんばってくれたら・・・

自分は心配しなく、やすらかな気持ちになれるのに・・・

なんて想いでした。

さて、講義です。

人間の肉体の外枠にはエーテル・ダブルという鋳型があり、

さらにそのまわり30cmくらいにサイキカル体(感情体)があり、

さらに2mくらいにノエティック体(思考体)がある、

という説明で始まりました。

途中の内容を書いていると、とんでもなく長くなってしまうので、

中略して・・・(ほとんど略してますが)

人間が想いを描くと、エレメンタルとなり、形として現実化します。



普通は、感情思考型エレメンタルで、悪しきものなる

なので、思考感情型エレエメンタル、として作ると良きものになる



自分のエレメンタルを目を瞑り、探しました。

左頭の上・・・『さみしい』という声、紫とピンクの光で心地よい感じ

お腹・・・『ぶつぶつ・・・』しゃがれた声

肩・・・『早くしなさい』自分の声と『お母さんはうるさい』子供の声


そのあと、心の声は  『自業自得』


なんだ、こりゃ~ って感じですね。

これはいったい。。。

全部自分の声???

LAさん曰く『相手は鏡です。』

そうか~目から鱗です。

最初の願いは、《子供がこうなってくれれば、何も心配しなく
ワタシが楽になれる》

そのことに対して、

LAさん『自分にとって、何が心配ですか?』

ワタシ『家族のこと、やっぱり仕事でも心配。』

LAさん『心配しなくなるにはどうしたら良い?』

ワタシ『みんな仲良くして、安心したい』

LAさん『仲良くなりたいのに、今どんな状態?』

ワタシ『・・・仲良くない。・・・さみしいのかな・・・』

LAさん『みんなに認めてもらいたい?』

ワタシ『最近はよくやってると自分で思えてます・・・』
    急に心をぐ~とえぐられた感じで・・・涙
   『認めて欲しいです』

まだまだ、認めて欲しい自分がいた。。。

またまた、エッセンスの課題がでました。

いま家族に認められず、さみしい思いをしている自分がいました。

子供が作ったエレメンタルではなく、全て自分のエレメンタルでした。

(内省の力です)


LAさん『ではそのエレメンタルを満足させてあげましょう。
    自分の意識を想いにあてて、その想いを深く底まで
    落として、満足させるとエレメンタルは無くなります。』

ワタシ(ワタシは認められてない、こんなにがんばっているのに・・・
   さみしい、いつもぶつぶつ言っている。。。)

LAさん『いま天使さんが、黒い雲が出たのを別の次元に持っていって
   くれましたよ~』


そして、純粋な願い(思考感情型エレメンタル)がとげられるように、

羽根のついた便箋に心を込めて書いて、手放すようにと。

LAさん『手紙にはよいエネルギーが込められてますね♪』



このようにして、ミニイベントは終了したのでありましたが・・・


その夜はすごいだるさと眠気で疲れました。あと、何も考えられない

状態で、感情的にはすごく落ち着いていて波立たない感じでした。

高ぶりも感情を触るものも何もないので、穏やかでした。

そのあと、どうして泣いてしまったのか、そしてどのような経緯で

あの会話が進んだのか、わからなくなってしまい、今日になって

LAさんからメールを頂いて、やっと思い出した次第です。



LAさんのメールからです。

『ご自身のお力で浄化、除霊をしたようなもので「憑き物が落ちた」
状態です。強いエネルギーワークで、みなさまそんな感じになられた
ようです。
穏やかな感じは、物足りなく感じるかもしれません・・・嵐のなかに
ずっと居て、嵐が止んだあとの静けさに似ているかも。
(泣けたのは)リクツではなく、感情に触れられたからでしょう。
短い時間のなかで、きちんとご自身の感情の底の部分に触れることが
できて、すばらしかったです。
すとん、と腑に落ちて、心のひっかかりが解ける(エレメンタルとの
つながりが解消される)と、もうその感情も役割を終えてしまうので、
すっきりと跡形もなく離れてしまいます。・・・・・・・・
内省はとっても、とっても大事です。一度にたくさんするよりも、
毎日少しずつ、しずかに内省してみるのがよいようです。
だんだん自動操縦みたいに反射的に反応して生活している状態が
少なくなり、意識的に「今」に集中していけるようになります。
わたしもまだまだですけれども、それが出来ると、とっても
「流れ」に乗れる、寛いだ心地よい状態になっていけるようです。
そして、「とても力を持つもの・・・」この感じなのですよね。
無意識を抜けだすと、これと関わる体験が多くなってくるように
感じます・・・・・・・』


LAさんを、二人目の師匠に勝手にさせていただきました。
[PR]
by greensleaves | 2007-09-25 01:21 | *ヒーリング

HIPHOPとレイキ

昨日、ジャズダンスのSHiNKO先生が、教えているという、

アスリエ鷺沼にご招待券で入って、HIPHOPを教えてもらってきました。

1時間ちょっと電車に乗りました。

小さいけど素敵なところで、温泉もあり快適~

時間は初心者向け30分と中・上級向け1時間半。

続けてだからかなりハードで、ジャズと違う動きとのりで

楽しくもあり辛くもありでした。

いろいろな人が来るので、先生も大変だろうな~

やっぱりワタシは、いつもの人で冗談も通じる慣れた今のスタジオが

一番居心地がよく、満足だと思いました。温泉ないけどね~



帰り道、頭痛がどんどんひどくなって、すぐ寝てしまいましたが、

何回も目が覚めて痛みが夜中も続くので、起きて頭に手を当てて

レイキを流しました。

いつも頭に手をひっつけたままなのを、チョット手を浮かせ

髪の毛をふわりとはさんだ感じで手を当てたら、

なんかいつもと違う感触。

頭全体に、強い光のエネルギーみたいな。。。

手を肩においたポジションでは、肩から横にエネルギーが伸びる

感じで拡がっていきました。

何か聞き取れるかな~と思っていたら、自分ではないような

言葉がぽんぽんと出てきました。

(すぐ寝てしまって思い出せないのが残念~!)

そのあと熟睡して、朝起きたら頭痛は治まっていました。

ありがたや~
[PR]
by greensleaves | 2007-09-24 15:10 | *ヒーリング

ジブリ作品

ホントはlotus_arkさんのワークに行って来て、早く書きたいのですが、

まだ、整理できてなく、どう書いてよいかわからなくなってるので、

まとまったら書いていきます。



さて、今日はジブリ作品についての感想などを書きたいと思います。

一番好きな作品は『となりのトトロ』。

メイちゃんが美味しそうにきゅうりを食べるシーンや、猫バスが来てくれて

五月が髪の毛を逆立てているところ、

(七国山病院行き)の漢字が逆さ向いているところ、など

すごく印象的なステキな場面がいくつも隠されているのが、好きです。

長女が2~3才の時は、毎日トトロのビデオを観て、

ひどいときは一日3、4回も見てました。

次女が5月に生まれたので、本気でメイと名づけようと思いました。

名づけていたら、顔も似ているので、実写版メイちゃんでした。

次に好きなのは『風の谷のナウシカ』。

かっこいいですね~憧れます。

『天空の城ラピュタ』も大好き。シータとパズーの恋愛ものですね。

今見ると、妙にリアルで切ないです。すごい勇気です!感動です。

『魔女の宅急便』は、長女が空を飛びたい、と本気で願って、

中学校の自己主張作文も、空を飛びたい、魔女になりたい

みたいなことを平気で書いてました。

『千と千尋の神隠し』で、「ワタシ働きます。働かせてください!」で

何度、長女は自分を奮い立たせたか。

ワタシはおにぎりを泣きながら食べるシーンで、泣かされます。

長女は久石譲の曲が大好きで、ピアノでずいぶん聴かされたものです。

そして好きが高じて、高校を卒業して約1年間、ジブリ美術館のカフェで

働いてました。小さいからだで手が腱鞘炎にもなって、けっこう

いびられ?ながら、必死で働いたのも、良い思い出ですね。

『ゲド戦記』の吾朗監督が、カフェで皿洗いをしていたり、カフェを辞める時

お菓子をあげたと言っていました。

ワタシはというと、宮崎駿監督のスタジオジブリの近くに、

武蔵野技術専門校があり、3ヶ月だけどパソコンを教えてもらい、

宮崎監督が映画の賞を取った時、外国の記者にインタビューされている

場面を、通学するスタジオの外から覗いたこともありました。

なつかしいな~。。。駿監督はそのまんまでした。

『もののけ姫』は、難しかった・・・今度ちゃんと見てみようと思ってます。

『ハウルの動く城』も期待してしまったため今ひとつかな。

『ゲド戦記』は・・・ノーコメントです。


来年の夏公開の駿監督作品『崖の上のポニョ』、ぜひ観に行きたいです。



余談ですが、キキの声は、名探偵コナンです。

あと、パズーの声は「ドラゴンボールZ」のクリリン、

シータの声は昔の「おかあさんといっしょ」のピッコロ(ペンギン)の声、

ちなみにポロリ(ねずみ)の声は「ドラゴンボールZ」のベジータです。

ジャジャ丸は多分、前のどらえもんのジャイアンだと思います。
[PR]
by greensleaves | 2007-09-19 22:20 | *好きなモノ

悪徳商法???

携帯が2日間、行方不明だった。

昨日は長女が何回も電話したそうな・・・



長女のアルバイト先で展示会があり、長女はそこですごく気に入った絵と

出会い、接客したTさんと友だち?になり、その作家の絵の原画があるから

見に来てくださいねと誘われ、朝早く家を出て横浜に行ってきました。

サロンにはもうひとりの営業マンがいて、原画と版画の2枚セットにして

いきなり売りつけられ、6時間もねばられ、手付けのお金4万円を

ATMに一緒に行っておろさせ、クレジットを書かせたそうだ。。。



本人は欲しいが、その絵のために5年間、毎月ローンを払うことに対して

疑問もあり、親に内緒にしろと言われたことに対してはすごい罪悪感が

あり、相談するため電話をしたのに携帯が繋がらない。

そして、二人ががりで『この絵はあなたに買ってもらいたいと言ってますよ。

買ってください。。。。』

と粘られ、どうしようどうしようとずっ~と言っていたが、

結局逃げられなくなり、クレジット用紙を書いたことによって

やっと逃げられた。。。。と言っていた。

そして、クレジットはキャンセルしないように、とも念を押されたそうな。

原画は120万円は98万円になったが、約40万円のクレジットの

利息のことも聞いてないとのこと。



真ん中の息子曰く、

『テレビでみたキャッチセールスの悪徳商法そのものだ』




さて、どうしよう。。。クーリングオフの手続きしかないか。。。

まず、そのTさんに、電話をした。

『どうしても買えません。アルバイトは月10何万円なのに、

140万円は10倍です。ホントに欲しいものはお金を貯めてから

買わせます。版画のほうは手付け金を支払ったので買います。

実はワタシたち母子家庭で、お金の余裕は全くありません。。』

などなど、気持ちをなるべく抑えて、がんばりました。

上司に相談して再度連絡するとのこと。結果、

『今回はクーリングオフしますが、今後とも良いお付き合いをして

いきたいので、版画のほうを買っていただくということで、

また残りのお金を横浜まで持ってきてください。

お二人でも良いです。そして、意思確認で娘さんから電話を

入れて下さい。』とのことになった。

振込みで済ませば早いし、何で先払い?

手数料がかかる、とのことや、版画を修復する時間もかかるし。。等々。

時間がないので行けないと言ったら、取りに来る。とのこと。

先払いは、しょうがないのかな。。。

娘が電話したら、やっぱり、横浜に持って来いと言われたそうな・・・

また、舐められてる~

でも、一段落して、よかった~



騙された、とまで言わないが、弱点をついてせまり、引き返せないように

する商売。許せないです。あと、サロンに2:1ではやばいです。



このことは、長女にとって何を意味してるか・・・

○絵が大好きで、純粋に原画の絵を見に行っただけ
○Tさんを友だちとして全く信用して、売りつけられるとは意外
○ワタシと連絡を取れなかった
○はっきり断ることができない自分の弱さ

条件が重なって、無知と純粋が仇になった、娘にとっては大変な一日でした。

でもこれから一人暮らししてひとりで自立するには、試練を与えられて、

ワタシを初めて尊敬して認められた絶好のシチュエーションでした。



ワタシは10時半ごろ疲れて寝てしまい、夜中に起きてお風呂で、

レイキを送りました。

子供たち3人、両親、姉。。。

みんなに悪いものが入らないようオーラをかぶせて、

そこに、エネルギーを充電させる・・・なんか成り行きで試してみたら、

好い感じで、自分もすごく幸せな気持ちにでした。


そして、寝るときには真っ暗な中に光の粒が点在して見えて、

とても気持ちのよいエネルギーを感じました。



朝起きると、長女は意外とスッキリ!

やっぱりレイキが効いたみたいです~



今日、ホームページで会社を調べたら、かなり大手の会社。

でも書類が先方にあるので、クーリングオフになっていなかったら大変。

その書類を送り返してもらうようにまた電話して、念のためクレジット会社

にも確認しなければ。。。まだまだ親の出番です。
[PR]
by greensleaves | 2007-09-19 17:12 | *日常

ある友だちのこと

子供の自主保育をしていた時の、友だちOさん。

金沢出身で、美人で面倒見がよく、気が利く明るい人。だった。

でも、ある時を境に、まったく無視されるようになった。

行事に参加する時も、横にいるのに挨拶をしない。

目もあわさない。

いままで、子供を預かりっ子もしてきたし、お昼も一緒に食べたり

長女とは幼稚園が違っても、帰ってきたらよく遊ばせていた仲なのに。。。

その人にとって、ワタシが原因で何かあっただろうが、

そのことに対して何も言われず、会うたびに無視され続けて、

過去のことまで辛い嫌な思い出になってしまった。



そのあと、離婚してその時の友だちとは疎遠になってしまったが、

しばらくして、アナウンサーのMさんと自主保育の代表のYさんに

会う機会があり、思い切って聞いてみた。

「Oさんはワタシが引越しするチョット前から、ワタシを無視するように

なったんだけど、知ってた?どう思う??」

もちろん、知らなかった、という返事だったが、驚く答えも返ってきた。

「私も無視されたんだよ~」代表のYさんだった。

意外だった~ワタシ一人じゃなかったのね~しかもすごく仲良かったのに~



Oさんは、自分が忠告したことや気にいらないことをした人には、

徹底的に無視!!!するようです。

自分の利になるような人は、何を言われても大丈夫みたいな。。。



いろんな人に、無視するということで相手が嫌な思いをしてるということに、

どう思ってるのかな。

きっと、恨みを買ったりしてるはずで、自分に跳ね返ってくるはずなのに、

Oさんはそんなことがまったくなく、ものすごい強い人みたいです。


当初は考えるだけでもムカムカして、Oさんが大嫌いだったのですが、

今じゃ、行く末が気になる~と思えるようになりました。

ちょっと、大人になったかな。

でも、こんな人は生まれて初めてでした。Yさんもそう言ってました。



最後に大好きな言葉。

声に出したほうが、気持ちがよく感じます。


『レイキの五戒』

今日だけは

怒るな

心配すな

感謝して

業をはげめ

人に親切に
[PR]
by greensleaves | 2007-09-16 19:00 | *2007年の家族と私

アナウンサーMさんの朗読会

昨夜、武蔵境駅前のスイングホールで、アナウンサーMさんの朗読会が

ありました。

Mさんとは、最初の子供が生まれてからの友だちで、公園で遊ぶうちに

『うさこの会』という自主保育の仲間を作って、国分寺周辺の公園や

児童館で親子で遊び、子供たちが幼稚園に行くまでの時期を楽しく

過ごし、時には仲間で一泊旅行もしました。

ウチの長女の初恋?(Mさんの一人息子たっくん家で初キスをした!)

のひとの母でもあります。

Mさんはフリーのアナウンサーで、NHKの『今日の料理』や

『イブニングネットワーク』などのキャスターを経て、現在、市の

教育委員会の委員や、本を出版されて各地で講演会をされるなどの

活躍をされています。

こう書くと、すごく硬くて偉い方みたいに見えてしまいますが、

すごく気さくな普通のキレイなお母さんです。

NHK学園では、話し方教室の講師をされていて、今回の朗読の出演者は

全員生徒さんでした。



さて、期待も何もしていなく、ただ「朗読会だからきてね~」という

お誘いで軽い気持ちで行ってみました。

話すのが苦手な人の朗読・・・どうなるのかな~という心配をよそに

最初から涙涙の涙腺ゆるみっぱなしで、2時間後にはすごいことに

なってました。


《人生をその人の言葉で語る》、20人の経験と重みとで圧倒され、

終始感動の涙でした。

やっぱり、『ありがとう』につきました。

心を込めて朗読をする・・・簡単なようで、実はそうはいきません。

言葉に心を込めることの大切さ。

超簡単なのに、自分ができているかというと、まったく自信がないです。

反省です。

話すのが苦手な人をよくここまでひっぱりあげた、Mさんの力量にも感心。

ゲストに、車椅子の語りべの女優さんやら、元NHKキャスター池上さんが

来られてのサプライズもあり、ホントに楽しい2時間でした。

凄い人と友だちだったのね~

不思議なことのイベントに然ることながら、こういう講演会などにも、

どんどん行ってみようと思った夜でした。

「今度は子供の二十歳のお祝いを、親だけでしようね。」という企画。

次回、会うのが楽しみです。
[PR]
by greensleaves | 2007-09-15 12:26 | *2007年の家族と私

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧