*greensleaves*のエッセンス日記


 (グリーンスリーブス)   スピリチュアルなこと、家族とのことを、心で感じたままに綴ってます。家族でBUMP好き♪
by greensleaves
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:*2007年の家族と私( 39 )

家族の変化

日記を整理しました。

去年のいろいろ大変な時期に書いた、大切な日記です。
すごい変化がありますので、『2007年の家族と私』として、まとめました。
私の仕事のこと、子供達とのバトル、優しさ、いっぱいいっぱいつまってます。

順番に読んでいただくと、面白いほど変化してるのがわかります。
[PR]
by greensleaves | 2008-01-01 00:00 | *2007年の家族と私

ご馳走さまっ

ごはん、作ってくれた、しかも二人で!

息子はご飯を炊き、
ポテト潰して、
玉ねぎを炒めてオニオンスープを作った。。。

ビックリですな~たまには役に立つことしてくれる。

下の娘はきゅうりを買いに行って、
玉ねぎときゅうりと人参でポテトサラダを作り、
冷凍のサイコロステーキを焼き、
ソースを作った。

すごい、完璧だっ!


時間かかって、ちょっと冷めてたけど、とっても美味しかった。
この前、実家からポテトサラダを送ってくれたのをみて、
ちゃんと学習してるんだね~

ありがとう。


その後、ごはんを上の娘に届けるため連絡して、
下の娘と仕事場に迎えに行ってアパートに送っていく途中、
また忙しいのか、イライラしていた。
それで、送って行って、お茶を飲むつもりが、そのまま帰ってきた。

下の娘は、ちゃんと励ましてくれる。
役割をわかってるのね~
この子は、名前のように、ホントに愛をわかってるようだ。
ただ、使い方が極端だけど。

サンクスでアイスやお菓子を買って、3人で食べた。
この3人の生活にも、慣れないとね~

ちょっと寂しいけど、
世話を焼くのも、ほどほどにしていこう。
フラワーエッセンスのチコリー、まだまだ、必要です。

それにしても、
ごはん、有難う。美味しかったよ。
[PR]
by greensleaves | 2007-12-30 11:27 | *2007年の家族と私

写真撮影

久しぶりに、長女にメール。
なんか照れくさい。
が、『ごめんね。』と書いてみた。
返事がこなかったけど、わかってくれたかな~?


そして今日は、成人式写真の前撮りで、久しぶりに、長女に会ったら、結構普通で、『ケンカは日常だったから・・・』とひと言。

11月に選んだ着物を着せてもらって、ヘアメイクもしてもらい、無事写真撮影。娘にしては以外にブリッコして撮ってもらっていた。

そして、帰りに着物姿を見せに、昭島のバイト先の店長にみてもらい、その後隣のNちゃんMちゃんのところ、そして、ピアノの先生の家にも行ってきた。先生は以前隣に住んでいて、ホントに娘にとっても恩師である。来年8月のピアノの発表会には娘に、歌も2曲ほど歌ってほしいと言われている。
みんな喜んでくれて、よかった~
ほんと、良い付き合いをしてる。

送って行く間、いろんな話をした。

ワタシのことを責めたことも、『過去に生きている』のではないか、と感じて、言ったら、少し納得していたが、まだまだ自分ことだけで精一杯で、インナーチャイルドはまだまだかも。でも、ワタシもいろんなことを言えて少し気持ちをわかてもらって良かった。やっぱり家族って、いいね。

娘は25日にlotus_arkさんにやすらぎの部屋で個人セッションを受けてきて、いろんなことがわかったようで、これからが、本当の自分を見つける旅のよう。遠くまで行ってきて、ホントに良かったと、話していた。親子でお世話になってしまいました。L_Aさん、長い時間あの難しい娘にお付き合いしてくださって、ありがとうございました。感謝しております。

今日娘のことをやって気づいたこと。
親だからやってあげたい、と思うことは、娘を甘やかせていたように思った。これからは、自分のことは自分で、そして気がついたらワタシのことも少しは気遣ってやってね。
[PR]
by greensleaves | 2007-12-29 00:29 | *2007年の家族と私

過去のこと

子供達と言い合いした拍子に、娘の口からでてきてた言葉に異常に反応して、逃げ出してしまいました。。。


ワタシはすごく変わったつもりで、鼻高々だった自分は、子供達にとっては、『まだまだ未熟者』
そして、
どうしていつまでも過去のことを言われ続けなければいけないの?という『自己憐憫』
過去の言ってしまったことの『罪悪感』

にとらわれています。


でも、自分のこと、逃げ出さないで、見つめ直そうと、思っています。
年末までの、心の大掃除です。
[PR]
by greensleaves | 2007-12-27 21:32 | *2007年の家族と私

部屋。

今週は、上の娘とべったりな夜でした。ある意味、再子育て、というか、なんというか・・・

社内試験もあるというのに、新居に行ってカウンセリングしたり、娘の長~い話に夜中まで付き合ったり・・・
とっても良い部屋だと思うのですが、娘にとっては歌が歌が歌えず、死んでいた、というのです。昨日はやつれて、唇は紫色で、お腹を悪くし、食事も喉を通らないらしく、半年かかるところを2日間でいろいろ考えた、と話していました。一番は、家族が大好きだと、確認できたようです。

昨夜は娘のところで二人で寝て、いっぱい話しました。夜中の不安(耳鳴り、ラップ音、恐怖感)を、どう感じているか確認しました。やっぱり、怖いらしい。。。が、緊張して寝たもののとっても寝やすかったし、話していて時間が遅く感じ、話し込んだりするのがすごく良い部屋かな~という感想です。
インナーチャイルドの深い部分まで話が及んで、娘はカウンセリングができる、という発見にも繋がり。


とにかく、ここ3日間は、自分も娘も、なくてはならない存在の再確認作業でして、この先、どう暮らしていくか、のも及んで・・・
そして、来年の一歩、先に進みました。逆境を逆の意味に変えることができると信じています。また、お知らせします。


ところで、社内試験はカンニングOKで、ラッキー。
バンプのアルバム発売!くらもちふさこの『駅から5分』を娘が買ってくれました。とってもステキです。お奨めですョ。
[PR]
by greensleaves | 2007-12-22 15:31 | *2007年の家族と私

今日の心境

中三の娘が、いまどき塾をやめてしまって、一ヶ月たったが、前月の引き落としから、その時の返金がないのに、最近気がついた。

どうするものか・・・その塾の経営者のかたに電話をしたのだが、「引き落としがあってからは返金できないし、早く手続きしてもらわないと返金しないと規約に書いてます。」と言われた。

なんか変だな~と思ったが、もうやめてしまってるし、もめるのも嫌だったので、いったん引き下がって電話を切った。

でも、なんか、おかしいな~、授業を受けてもいないのになんでお金が発生するのだろう、と感じだので、HPで調べて、あくる朝、本社に電話をしてみた。

本社の人は、「規約には書いてますが、塾によっての対処の仕方は違うので、塾側の問題があれば返金はできます。」
とのことで、いったん電話を切ってかけ直すとのこと。
返事は、「返金できますが、手続きに塾に来てもらい、その場で返金することになります。」とのこと。でも、やっぱり気まずいので、
何とかならないか、とヤンワリ誠意をもってお願いした。

その結果、「一ヶ月後になりますが、塾側から振込みをしてもらいます。」と、返事をもらった。

やっぱり、『何事にもやってみなければわからない』諦めないで、ね。
[PR]
by greensleaves | 2007-12-05 22:43 | *2007年の家族と私

娘たちの言葉

ささやかなシアワセ、ってどんなシアワセだろう。。
大きなシアワセ、って、どう違うのだろう、という会話を、昨日下の娘としました。

ささやかなシアワセがいくつも合わさって、大きなシアワセになるんじゃないの・・?
と最初考えたのですが、

ささやかなシアワセが大きなシアワセに繋がり、結局、一緒なんじゃないのかな~
な~んて、二人で思いました。


上の娘は、以前のワタシの感情が怒ってる時、その後で、どんな気持ちになるのか聞かれました。
ワタシは怒ってる時は周りが見えてなく、その後感情が消えた時、相手に対して嫌な気持ちだけが残っているだけ、と答えました。

娘は、自分が怒った時には、相手に対して悪いことをした、自分に対して嫌悪感が残る、と話してました。

だから、娘から、いつもその時の感情を聞かれたとき、自分が責められてるみたいで、
娘には、もうそのことは言わないで、と言って、そのことにたいして触れられたくない、逃げる自分がいました。

いまならそんなことを聞かれても、ちゃんと自分を見つめることができる。
謝れること、ができる。

こころ、ってなんて、不思議なんだろう。。。
シアワセ、ってなんて、簡単に手に入るのだろう。。。

な~んて思った一日でした。


でも、今日は・・・

お母さんが好きな仕事に就くのは、私が高校を卒業してからにしてね、と言われたときには、唖然でした。。。

娘って、ひどく残酷ですな~~!!!

その後、もちろんいろいろありましたが、上の娘がしっかり収集してくれました。。。
[PR]
by greensleaves | 2007-12-03 23:33 | *2007年の家族と私

父親

父親と、心の対決をしないといけないのは、ず~っと前からわかっていたけど、それをLotus_Arkさんから突きつけられ、MURAIさんから掘り起こされたものの、まだまだどんなふうに処理していいかわからずにいました。フラワーエッセンスで飲むものも、サンフラワーをメインに選んで、好転反応はまったく出ないで、5日間経ってしまいました。。。

それで今朝、起きがけに目をふさいでこの前の瞑想から潜在意識に入る方法でやってみました。

瞑想のイメージはキャンプファイヤーと父親を出したものの、何も言わず言えないので、そのまま内観をしてみました。

そして、その時の父親の状況を考えてみると・・・



父親は転職を繰り返して、イライラしていた。

家族みんなからそっぽを向かれ、孤独だった。

お酒を飲んでは、愚痴をこぼしていた→お酒に逃げていた。

父親とはいつもケンカばかりしていた。



考えれば考えるほど、ワタシと同じで、ビックリだった。。。。。

ワタシも転職をして、ホントに子供達にあたっていたようだ。(みんなに口を揃えて言われるが、まったく自覚がない。。)

そしてそっぽを向かれて、子供達が悪いと人のせいにして、自分が可哀そうと自己憐憫に陥っていた。

バレエやダンスとか自分の好きなことに逃げていた。

子供たちの悪い面ばかり見て、その部分を攻めてはケンカばかりしていた。



ホントに当てはまることばかり。。

父親も孤独で可哀そうだな、と思う。



さて、そろそろ電話で対決する時がきたかな。。。

もう一日、もう少し、時間がかかるかも。。。

その時がくれば、自然にできるようになることになっているので、焦らず、奢らず、自分らしく、愛をもって、やっていきます
[PR]
by greensleaves | 2007-12-01 11:31 | *2007年の家族と私

仕事の意味

10月に引き続きのコンテストが終了・・・
今回は己に勝つと称して、10月の実績のポイントを上回る目標、というもの。
○店長は10月の支店対抗戦で負けたのがよっぽど悔しかったので、また今月もコンテストをやり、来月も他所の支店から対抗戦をして欲しいと言われているので、どうしようかな・・・とまたまた12月のコンテストを考えてる発言をした。

正直言って、コンテスト自体、ポイント稼ぎだけの、本来の意味をもたない、とてもくだらない仕事とにしかみえなくなっている。支店対抗の相手側の人たちは、すべてこっちの○店長に恨みがある人ばかりで、どんな手を使っても勝つ!!!という意気込みで、見事勝利を納めて、こっち側の○店長おごりの食事をいただいたようだ。(そのご褒美の食事が自腹、というのも会社のことなのに個人負担で疑問に思うのだが。。。)

今月のコンテストは、私以外のみんなは達成させてました。こそくな手を使って。。。
反逆児のワタシとしては、また反発して、ポイントをこなす仕事はしたくないと思ったし、前回くたくたになるほど疲れて、それでもその相手に負けたくない一心で、みんなでポイントをヒネリあげたせいで、当然今月少々のこそくな手をつかっても上回るわけがない。(みんな、どんな手をつかったのだろう。。。)


そして、○店長が自分の欲(それをやると、自分の上司から高く評価され、自分の再就職先が決定される)丸見えて、そんなことがわかってしまった以上、本来の仕事の意味が、今どれだけあるのだろう。

いったい、そんな仕事をして、心が育つのだろうか。。。

以前に副○店長に噛み付いてみたものの、何もかわらず、その後はまた以前みたいに仲良くなれたのは、副○店長の人柄だと思います。ぜひ、近い将来○店長になって、人の気持ちが解る、素晴らしい柱になっていただきたく、願ってやまない。
[PR]
by greensleaves | 2007-12-01 00:56 | *2007年の家族と私

新月の祈りの効果?と手放す

8月の新月の祈りで、10項目のうち2つだけ叶ってないことがあります。
ひとつは物質的なことなので、自分自身がクリアすればよいこと。もうひとつは真ん中の子(長男)のやる気の無さです。。。

これは前日にやすらぎの部屋のフラワーエッセンスクラスで話していて、ほんとに諦めたことでした。ここ何ヶ月も通信高校のサポート校に行っていなく、水曜日までの、屋久島のスクーリングの最終申し込みも、多分行かないだろう、と全く無関心でいました。本人のやる気の無さは周りがどうお願いしようと叶うわけが無い!と本気で思っていました。
でも長女は叶ったし、次女もおとなしく素直になったし、少しは見込みがあるかな~と思って、毎回お願いしてましたが、11月のお祈りは、しませんでした。やっぱり、本人の問題で、お願いに頼るのがどうかな~という、ワタシの考えで。

昨日、長女とフラワーエッセンスの時にM先生からお聞きした、分かち合う、ということについて、長女はつっかかってきて、大変でした。それで、寝るのも遅くなり、ケンカの収集がつかなくなった時、長男が口を出してきて、長女のかたを持つので、もう寝る、と決め込んで準備をしていた時のことです。

「ちょっと話があるんだけど。。。」と話しかけられた時には、どうせまた行ってないサポート校を辞めたい、とのことだろう・・・と思いました。
でも彼から意外な言葉が。。。
「明日は申し込みの締め切りだから、学校(サポート校)に行こうと思う。」
「!!!」絶句でした。
でも気を取り直して、「どうせ、行くとは思えないから、全く期待してないし、どっちでも。」と言い放ちました。
それでも、彼は本気で行くらしいことを言うのです。
まー、期待しないでほおっておこう。と腹を決めて、朝も起こさずに仕事に出かけました。いつもなら、とっても気になるのに、その日は彼がサポート校に着いたと思われる時間を過ぎてから思い出しても、なぜか安心していられました。

そして、仕事が終わって家に帰ってみたら・・・彼は行ったと、次女が言ってくれました。そして、バッグを探すのを一緒に手伝ってくれたとか。これで、長女が出て行っても、代わりに面倒見てくれる子がいて助かるわ~、と次女に感謝しました。

6時半ごろ帰ってきた彼は、頬がこけて疲れてたみたいに見えたけど、前回どうしても入れなかったドアに、自分からようやく入ることが出来て、一歩前進しました。
祈りの力、というより、彼のアリのような成長ぶりですが、長い目で見て、親としてサポートできるよう、ワタシも精進したい、と思います。
それにしても、スクーリングの屋久島、という場所の効果でしょうか!ホントに良かったなぁ~親としては、ハラハラドキドキするより、もうどうでもいいや~と手放した時、何かが動くような。。。

それはそうと、長男のオムツが取れたときも、ホントに諦めた翌日に、いともアッサリと、パンツになったという笑い話を思い出しました。。
手放すって、大事なこと、と教えられた今日でした。ほっ
[PR]
by greensleaves | 2007-11-28 18:57 | *2007年の家族と私

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧