*greensleaves*のエッセンス日記


 (グリーンスリーブス)   スピリチュアルなこと、家族とのことを、心で感じたままに綴ってます。家族でBUMP好き♪
by greensleaves
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日記のご紹介『電車で出会ったおばあちゃん』

今日は私の友人のgrowing heartsさんの日記をご紹介します。
去年の日記ですが、じわじわ感動する話なので、ぜひ載せたいと思い、ご本人に許可を得ました。↓

『電車で出会ったおばあちゃん』

先日、ちょっと遠出をした時のことです。

普段は乗らない電車に乗って座ってました。ある駅で、サラリーマン風の50代くらいの男性と70代後半くらいの年配の女性が一緒に乗ってきました。親子かな?第一印象でそう感じました。おばあちゃんは歩き辛そうで、立っているのも大変そうに見えます。

たまたま隣りの席が空いていたのでこちらへ来るかもしれない‥‥と、何となく気になり始めました。

ところが、その男性とおばあちゃんは一向に座る気配はありません。

あれ?どうしたのかな?

それとな~く、お二人の様子をうかがっていると、男性が突然大きな声で話始めました。

どなたか終点のA駅まで行く方、いらっしゃいませんか~?

たまたま、わたしは終点A駅で乗換える予定でした。

あたりはシーン。誰も返事をする人はいない様です。

‥‥‥‥

という訳で‥

はーい!

気づいた時には返事をしていました。無意識に反応してしまう本能の様な反射神経。それは小さい頃からあった様な‥‥そのクセが出てきた様です。。。

その男性はこちらに気がつくと、おばあさんを連れて近付いてきました。

ズンズン、ズンズン、ズンズン‥‥

どんな事情だろう?お二人は親子じゃないのか?頭の中は疑問だらけでした。

男性はわたしの前で止まると話始めました。

実はこちらの方はA駅で乗り換えてB駅に行きたいのですが、お一人では難しいかと思います。わたしは通りすがりの者で、途中の駅で降りてしまい一緒に行けません。A駅で乗り換える所まで連れて行ってあげてくれませんか。

空想の‥妄想の‥世界で親子だと思っていたこのお二人、実は他人同士だったんですねー。

おばあちゃんは隣りの席に座りました。手には目的地B駅と書かれたメモをしっかり握り締めてます。

この方がA駅まで一緒に行きますから大丈夫ですよ。じゃ、お気をつけて。

旦那さん、ありがとうございました。

ニコッと顔をクシャクシャにしてお礼を言うおばあちゃん。

お気をつけて。

そう言いながら会釈して男性は次の駅で降りて行きました。

旅の道連れができました。小柄な方で背中は少し丸まっているおばあちゃん。ちょこんと腰掛けてます。

身内以外の年配の方と話をするのは久々で新鮮でした。

どうやって行くかわからないんですが、B駅に行きたいんです。

おばあちゃんはそうおっしゃっていました。キーワードはメモに書かれていたB駅。A駅からB駅までどうやって乗り継いで行くのか‥‥わたし自身もよく分かりません。

そこで、携帯のインターネットで調べた所すぐにわかりました。今は便利な時代ですね。B駅へは終点のA駅でT線に乗換えればOKでした。

おばあちゃんのメモに新しい情報を書き加えさせて頂きました。

A駅→T線へ乗換え→B駅

ところで、この方は一体お幾つなんだろう‥‥。ぶしつけに失礼とは思いながらもおばあちゃんに聞いてみました。

失礼ですが、今お幾つですか。

84歳になります。

ははあ~!m(_ _)m

人生の大大大先輩です。84歳の方に出会え、こうして話しているのが、なんだかとても嬉しくて仕方がありませんでした。後光がさして見える様な気もしてきました。大正、昭和、平成。3つの時代を生きているなんて、すごい方だなあと思い感慨にふけっていました。

このおばあちゃん、ご家族と同居なさっているんですが、お一人の時に屋内で転んで怪我をされたそうです。それ以来、歩き辛くなって外出は大変だそうです。

足を怪我してから一人で出かけると家族が心配するんです。

B駅まで行けば何とかなるんです。

そう言うと、おばあちゃんはメモを強く握り締めました。

ではA駅の乗換えまで一緒に行きましょうね。

耳が少し遠いご様子だったので、耳元でお伝えしました。

ありがとうございます。奥さん。

‥‥‥‥

オ・ク・サ・ン‥‥

????

わたしの事でした。

奥さん‥‥かあ‥‥。

そう呼ばれたのは生まれて初めてです。

まだ独身ではありますが、社会的に見れば‥確かにそんな年頃ですが‥。

テンションが一気に下降していくのを感じる微妙な言葉‥‥奥さん‥‥。

少々ガッカリしながらも、たわいもない会話を続け、結果的には楽しい小旅行となりました。

次は~終点A駅~。
お忘れ物の無い様にお降りくださ~い。

車内アナウンスが聞こえてきました。いよいよ乗換えです。
さて、次は乗換えです。不慣れな駅で勝手が良くわからないので、あれこれ考えました。

改札まで行かないと行けないかな。

改札を出て乗換えまで行った方がいいかなあ。

でも、改札出るとお金が余計にかかるし‥

などなどアレコレ考えているうちに、無事A駅に着きました。

さあ終点のA駅です。
乗換えしましょう。

おばあちゃんと共にホームに降りると‥乗換えは以外と簡単で、隣りのホームでした。階段しか見当たらなかったので、ゆっくりゆっくり上っていきました。

あたりを見渡すと10mくらいの所にT線へ直接乗り換えられる改札が見えました。幸運にも駅員さんが待機中です。駅員さんに事情を説明し、乗換えホームまで一緒に行って頂ける様お願いすることにしました。

T線へ乗り換える為に切符を買い換え、おばあちゃんに伝えました。

ここからは駅員さんが電車まで案内して下さいます。
わたしはここで失礼します。
どうぞお気をつけて。

最後におばあちゃんは相変わらず素敵な笑顔でこう言いました。

ありがとうございます。
奥さん。

‥‥‥
‥‥‥

あ~テンション下がる~みたいな心境ですが、任務完了です。無事にB駅に降り、ご自宅に着くことを祈るばかりです。

さてさて‥‥今回の出会いで感じたことがあります。

それはこのおばあちゃんの目的志向です。目的地のB駅だけを目指して、ひたすら進む‥前向きな姿勢です。途中の乗換えや、切符の買い換えなどよく分からなくても、目指すB駅だけはしっかりと覚えているので、迷いません。

確かに時間はかかるかもしれませんが、目的地がわかっていれば、やがて必ずたどり着けます。

これはある意味イメージトレーニングに似ている様な気がしました。

自分自身が何を目指しているか。

スポーツ競技で考えるなら‥‥

自己新記録?

大会入賞?

金メダル?

スポーツ選手は勝率何パーセントかの可能性があるから試合に臨むわけではありません。

勝つために、記録を作るために、優勝するために試合に挑みます。

ゴールを目指して、試合に向けてひたすらコツコツと鍛えて上げて行きます。

目的地を目指してまっしぐらに進む‥‥、これって最近すっかり忘れてました。頭では何となく思い出していても、なんて言うか‥‥実感として感覚として忘れてました。

行き方が具体的に分からなくても、ひたすら目的地を目指していくおばあちゃんに前向きな力強さを感じました。

毎年、毎月、毎日、様々な事に出会います。それはいい事もあれば、あまり好ましくない事、できれば避けたい事、予想外の出来事など本当に様々です。生きて行く事は、色々な出来ごとがたくさん詰まってる玉手箱の様な気がします。

次に箱から出て来るものがどんなものだか‥予測できない玉手箱。でも、自分の目指す目的地を心に描いて生きて行こうと思いました。

目的地がまだハッキリしなければ、方角だけでもいいかな‥と。そんな時は短期旅行のつもりで‥明日の目的地を目指して行こうかなと思います。

明日の積み重ねが未来を創ると思うと、明日が楽しみです。

明日の事もイメージするのが難しい時は、これから先の1時間を‥10分を‥どこに向かって進んで行こうか‥なんていうのも面白いかもしれませんね。

目指す場所があると、回り道している様に見える時でも脇道へ迷い込むことが少なくなる様な気がします。まあ脇道は脇道で味わいがあっていいのかもしれませんが‥。

電車で出会ったおばあちゃんに感謝です。力強いメッセージをありがとうございました。どうぞいつまでも、お元気で‥。



私は『確かに時間はかかるかもしれませんが、目的地がわかっていれば、やがて必ずたどり着けます。』と言う点に、すごく共感を覚えました。
そして、growing heartsさんのやさしい言葉にすごく魅かれました。

★growing heartsさんはモニターを募集されています。→ヒーリング・ストレッチ11月モニター募集
[PR]
by greensleaves | 2008-10-19 12:50 | *日常

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧