*greensleaves*のエッセンス日記


 (グリーンスリーブス)   スピリチュアルなこと、家族とのことを、心で感じたままに綴ってます。家族でBUMP好き♪
by greensleaves
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

娘の初ドラムデビューと、素晴らしい音楽

今日は下の娘初ドラムデビューの日。
珍しく息子が一緒に行こうか朝から悩んでいて、
結局、一緒に出かけました!(奇跡です!)

娘は高校2年からやっと軽音部に入ることができたのですが
クラスで集まった別の子達とバンドを組んで
2ヶ月前から練習して、ギターを習っている子の発表会
(大隈秀徳の音楽教室主催)に参加したのでした。
どんなバンドなのか、期待は全くしていなかったのです。

発表会ではギターをやっている子のサポートでプロの方たちが
一緒に演奏するのですが…
ドラムのおじさん(失礼)がとてもすごくて、びっくりしました。
目を見張るすごさで、それだけでも来た甲斐がありました。
スティックをくるくる回したり回転させたり、リズムをとるだけでも難しいのに
よくそんな芸当ができるのか不思議。。
メリハリがあって音が繊細で、リズムは正確で。
さずがプロ中のプロ。紹介文では、伝説のドラマーと書かれていました岡野洋さんです。

娘たちの前は、Xジャパンの紅を歌う、物まね芸人のTAIZOさんでした。
すごく上手かったです。よくあんな高い声がでるな~
その後で、娘の出番。

最初8カウントで止まってしまうハプニングがあったがお愛嬌ということでしたが、
2ヶ月とは思えない、とてもよかったです。
ボーカルのTちゃんはボイストレーニングを受けていて、声がよく通っていて
他のバンドのにもひけをとらなかったし、ベースのHちゃんも上手かった。
娘も激しい曲なのに、頑張っていました。
娘は他のどの楽器よりもやっぱりドラムが似合う子のようでした。

生徒さんの発表の後、クラシックのバイオリン奏者ゲスト。
ピンクのドレスとカチューシャで、若いのにツィゴイネルワイゼンを弾く
ということで、どんな演奏になるか興味はあったのですが…

素晴らしかった!
最初の音から、涙が出て来て、ホントに、心のひだをそのまま音符に乗せているようで
ピアノの音色とは全く違っていて、書く表現が難しいのですが
バイオリンは弓と弦が心を見透かされているような、時に激しく、時に切なく
私の奥深い部分が揺り動かされました。
とにかく、すごかった。関口那々子さん、及川音楽事務所に所属されています。

帰りに偶然素晴らしいお二人とお話できて、嬉しかったです。

関口那々子さんはどんな経験をされてそんな音がでるのかとても興味があったのですが、
「私はバイオリンがホントに好きなのです。」と答えてもらいました。
好きだけであの音が出せるのか…多分、相当努力家と天才肌でしょう。
日本人だけではない、激しさも持ち合わせていました。
来週7月11日に駒込でサロンコンサートがあるのですが
あいにく私は仕事でいけなくて、残念(涙)
近いうちにぜひまた演奏を聴きたい、と思いました。

やっぱり音楽、っていいな~
息子も、きてよかった、って感動していました。
(あの子が言うのは珍しい!)
もしかして、音楽をやるかもしれません。来年の舞台にいたりして、ね。
私も本格的なボイストレーニングを受けたいな、と思っています。
人のことばかり言ってないで、ね。
[PR]
by greensleaves | 2009-07-06 00:34 | *好きなモノ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧