*greensleaves*のエッセンス日記


 (グリーンスリーブス)   スピリチュアルなこと、家族とのことを、心で感じたままに綴ってます。家族でBUMP好き♪
by greensleaves
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

続き~娘の気持ちと親の立場

実は前日、インディゴの高1の娘からは

「好きなケーキ屋さんのバイトを始めてMスドを辞めたい、と言ったら
『最初の契約と違う、こっちのバイトもちゃんとするのが大人としてのルールだから。
こっちのバイトを先に考えてくれないと困る。そっちのほうを辞めるべきだ。』
との一点張りで、まったくこっちのことを考えてくれない。

その時に、お母さんが仕事を始めて私が家の事(料理)をしないといけない、
バンドの練習もしたい、と言ってるのに、
『何度もそういうややこしい問題をもってこない!』と
取り合ってくれない。

この前は40分もくどくどお説教みたいに上から目線で言われて、
そんなこと中学の吹奏楽の先生からとっくに聞かされていて、知っている。
そしてそのあと
『この日は?何もなかったらバイトに出て!』
と、一日ずつ聞かれて困った。
何も無い日でもゆっくりしたい日もあるのに
強制的にシフトを入れさせられ、30分もつかまり、後の仕事が遅れて困った。

他の子にはそんなことをしてない。自分が新入りなので甘く見られてる。
すごく嫌なことをされた!もう、辞めたいよ~」

と話を1時間くらい聴かされていたので、今日は行かないか、
辞めるのか、と思っていたけど、そのくらい嫌だったとは。。

でも、私は店主としての気持ちもわからなくはない、
一般社会、として、バイトを辞めるときはこんなんで良いのか~
親としての気持ちもあるし、娘に話して、
店主にちゃんと挨拶をして辞めるべきだ~
とか、いろいろ話をしました。

「最初はなんとか行こうと思っていて、なんとかしようとがんばってみて
行こうと努力したけど、どうしても気が進まない。
だったら、遅れてなら行けるかも、と思いメールした。
『高校の用事で6時に間に合わないかもしれません。』とメールのやりとりして
結局店主から
『そんなことは電話しなさい』
といわれ
『高校で携帯禁止(←本当です!)なので、電話は出来ません。』
とメールしたら
『では、6時にくること、じゃ!』と切られてしまい、何じゃこのメールは!ときれた。
(実は試したのかも。。)
あまりにも人のことを考えてくれない。こっちもなんとか行くように頑張ったのに。。。
『じゃあ、もういいです。』とメールを送って、着信拒否したら
何回も電話がかかってきたけど、もう出たくない。
相談しても真剣に取り合ってくれない、もう辞めると決めた。」
今気がついたのですが、これはクラスでの話を聴く、とシンクロでした。。

ちょっと、離れて様子を見ようと。

その後、チンジャオロースーを持って、上の娘のアパートに。
娘にも下の娘は相談していて、辞めてきたことを話すと
「あらそう。辞めて正解だと思うよ。相談にものれないような上司はだめだね。
私もバイトを辞める経験をしてきたけど、そうなるとバイトには行きたくないし
行っても嫌気がさすだけだし。
妹の気持ちもわかるよ、あれは店主がだめ!」

そう言われるまで、私は下の娘のことより、
娘の言い分は話半分、
それより社会の常識、礼儀などを主に考えていて
娘の気持ちを考えてあげていない、ということに気づいた。
クライアントとしてなら、その人の気持ちをまず一番に考えてあげるのに。。
娘、となると対外的なことを先に考えてしまい、
親としての立場で教えることなどばかり頭にあり、
娘の気持ちを重んじてないことに気がついた。
ごめんね。
まず、娘の気持ちを優先させたら、
相談しているのに取り合ってくれなく、酷いことをされているのを
解ってあげることが先だったな、と反省です。
今までよく自分の都合で嘘をつかれたこともあり、
娘を信用してなかった、ということでもあった。
娘は私の仕事が夜遅くなるときは
ご飯を作ってあげようという優しい気持ちがあるのに。。

そして、私も離婚してから一番最初の仕事で辞めたのは、上司とぶつかってのこと。
3回目衝突したら辞めよう、と思っていて、3回目ではずっと泣いて、
次の日から出勤しなくて、引き止められたにも関わらず、辞めた。
でも待遇は一番良く、私との一件でかはわからないが社長も辞めたようで、
やっぱり自分でも悪いことをしてしまったと思っていたのか、
私はその時のことがあるから、辞めるときはちゃんと辞めて欲しい、と思ったのを
子供に押し付けてたんだ、と理解できた。
そして、私の父親のことも、腰が悪くなってから何長く勤めた会社を辞めて
その後何度も転職する姿を見て、「情けない」と
心の中では馬鹿にしていた気持ちがあり、
今となっては、「父も苦しんでいた」と
父のことを解ってあげられなかったことを、許して欲しい気持ちでいっぱいです。

このことは、昨日のフラワーエッセンスクラスに続きます。
[PR]
by greensleaves | 2008-11-19 11:34 | *日常

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧